Ordinary Days

アクセスカウンタ

zoom RSS しつこころなくはなのちるらむ

<<   作成日時 : 2014/04/15 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月2日(Wed)
また今年も桜の季節である。一年が過ぎてまたやってきた。52万5600分(^^;)。
えらく長いよーなあっという間なよーなmoments so dear…
How do you measure?(^^;)

仕事上がり、丁度眉尻月が沈んでいった。
歓喜の叫びばっかりで包まれた時間であって欲しいと心から願っている。
でもそれを想像するだけで楽しくなってくる(^_^)。



4月3日(Thu)
いつもちょっと肌寒かったりするが、こんなに麗らかな入学式は久し振りな気がする。
画像




























4月4日(Fri)
鯖江の道の駅西山公園の落成式に行ってきた。酷い雨で大変だった。。。
でも完成は嬉しい。今度みんなでブリッジ渡り初めだ(^^)!
サクラはもう少し踏ん張ってくれ〜。。。
画像
















コンビニで「2円切手。」とか言って一円玉二枚だけを出すのもはばかられて、
つい必要無い他の買い物も。。。くそう。これも消費拡大の為の作戦か!?
まんまと嵌まっているのか?(^^;)



4月5日(Sat)
怒涛の三日連続入学式も、今日が最終日。大・高ときて今日は中学校。雨は降ってないが肌寒い。
しっかし、私の想定を軽々と超えてしまう力。Oh my god!(^^;)
私の持ち合わせていない物差しの尺度でコトを起こしてしまうamazingなパワー。。。
持ってるねぇ…って感じ(^_^)。

「海月」と書いて、「くらげ」とも読むのだそうだ。いいなぁ。なんか、いい(^^;)。

午後シゴト明けに、待ち合わせて皆で足羽河原へ出向いた。
チョー寒かった!! これでは夜はムリだ(>_< )。
でも、桜は満開手前感。。。
明日の雨で散らへんかったら、週明けでもいけんちゃう???と思った(^^)v
寒かったのと、ハルの歯医者の時間が迫っていたのとが重なり、早々に引き上げた。
現地滞在30分(T_T)。。。



4月6日(Sun)
今日は姪っ子達に新入学のお祝いお渡しミッション。今のところは優しい雨。
このままでいてくれれば、明日は桜の始業式だ。

昼は十九に初訪。おろしを戴く。此処はつけ出汁を勧めていた。
その後、ヴェンガ・コーヒー訪問。
ナチュラル好きと言ったら、薦められたのは、コスタリカとコロンビア。
どちらも中南米。。。

事前にあれこれ考えない方が、
如何なるプロセス如何なる結果でも100%満足する事が出来るのではないか?
と思うようになった。
洞察力は大事だが、想定以外の物は全て100%に届かないと感じてしまうのではないか?
ともするとなーんにも考えない方が、
直面した時のその場の手段でも成し遂げた際に100%満足出来るのではないか???
ただ、私がその時点で「持ってる」のかどうか?
アメイジングなパワーを発揮できるのかどうかだ。



4月7日(Mon)
スマホを家に置いてきただけで
もう一日の半分以上は失敗してしまったと思ってしまうのも
よろしくないってのは解っているつもりなのだが。。。

夕飯。
白いご飯を、みじん切りした芥子菜で一面緑色にする。
軽く醤油ふって、マヨネーズとちょっとのマスタードで混ぜる。んー春の味♪
今日は小女子のみぞれ和えもあり、もう春爛漫な夕食☆

食後。北東の空を眺める。
私と同じ名前のキャプテンが其処に居る ISSが見えた!!!
あれはきっとそうだ! と信じたい(^^;)。
明るかったー。速かったー。
…きぼうを みつけた!
近所の人に声かけられなくて幸いだった。
「何してらっしゃるの?」と訊かれて、「きぼうをさがしてるんです」なんて答えられへん。
何やねんなこいつって思われる(^^;)。



4月9日(Wed)
おシアワセにも幸せだと思っとこうと思う。
自分勝手な発想だが、そうしない方が逆に独りよがりになる気がする。自分の場合。

I see the sun going down, and the eyes in my head see the world spinning around.



4月11日(Fri)
どんどんと舞い落ちる桜の花弁。
久方の光のどけき今日もしづこころ無く散るらむ。

私はG党という訳ではないが、
Webのニュースで若手捕手の小林選手の活躍記事が目にとまった。
強肩と猛打賞への賛辞の内容なのだが、
「小林選手の家族目線で読んだら、きっと涙が止まらんだろうなぁ。」と思ったら、
「なんて良い記事なのだぁ。。。」ってな具合。
自分の身に置き換えてみて初めて、
身内や知り合いが褒められることが嬉しいということを実感出来る(^^;)。

LES PLAISIRSさんのパンでランチ。
3つ買ったのだが食べ応えがあり、おまけに時間も無く2つ半で終了。
パンプディングも併せて買っていたのだが、そこまで辿り着けず。
でも、たまに食べるとやっぱり美味かった(^_^)v。

今夜はハニが歓迎会の為、私も含めおこちゃま三人衆で御留守番。。。
お土産を期待しつつ。。。

相変わらずやりたいこと多過ぎのMOTORDRIVEな此頃だが、
実際に動かないと形にならないと思った今日。。。
先ずはやってみて、
いずれにしてもモノになることって時間の許す範囲で出来ることまでだし、
あとは如何にそれを充実出来るかだと考えたら、
整理がつけ易そうだし気分的にも少々楽になった。



4月12日(Sat)
優美がSeventeen's Mapを歩き出した。
確かに人波の中では壁伝いに歩くことが多い彼女だが(^^;)、
強く生きなきゃと私に思わせる。
兎に角色んなことが思い出されるが、
彼女の心の地図の上で起こる全ての出来事が、
陽の光に照らされる様に、眩しく輝いてくれたらと願う。

十七年前、この世界の何物よりも大切な存在として、
最上級の名前を私がつけた彼女。
今やその名の持つたおやかなイメージは見目からは微塵も感じさせないが(^^)、
その名の通りgracefulでpreciousな時間を私達に与え続けてくれている。

夜に、お誕生日会@初味寿司呉服町店さん。
お店にはご無理を聞いてもらって、
色々希望をオーダーさせてもらって、嬉しいの一言。
勿論美味しいもね(^^;)。満腹満足幸腹幸福。

画像

















Happy birthday, Princess Grace!



4月13日(Sun)
Sunny day, Sunday となった。今日は金沢行脚。「春ららら市」へ。
画像
















狙うは、先ずあうん堂さんの(正確には北陸製菓さんの)、
「ムーミンママのシナモンブレッド」
次々売れていってた。あうん堂ご主人「本は売れずにこればっかり売れる。」(^^;)。

そしてコラボンさんのコーヒー。
ご主人列を成してコーヒーを求めるお客さん一人一人にせっせとドリップ。大変だ。。。
豆も購入。今日はいいなぎブレンド@二三味珈琲をチョイス。
傍らではだんごさんがココでも立派に看板犬を務めていた(^^)。

画像

















画像
















他にも鹿尾菜のおにぎりや、タカキビハンバーガーなどを食べる。
さすがに姫君もハンドメイドの色んなものに興味を示すにはまだまだ早かったようで、
専ら食べ物に偏った結果となった…(^^;)。

(戦利品。。。)
画像



























丁度、結婚式後の行列がしいのき迎賓館へ向かって、広坂の交差点を横断していた。
おそらくポール・ポキューズで披露宴なのだろう。
ららら市参加の大勢の人たちの注目を一身に集めていた。天気良くて良かった。。。
画像

















その後、陽歌の兼六園デビュー。
何度訪れても此処のスケールには驚かされる。
そして美しい樹々と花たち。
優美がスタスタ歩くもんやから、落ち着いて眺めることは出来なかったが、
陽歌も興味深そうにキョロキョロしていた。
画像

















帰りは、駐車場近くに、「コジどら」なる興味深いどら焼きを見つけてテイクアウト。
餡子たっぷり!


福井へ向かう途中、海を観に寄り道した。
三国の海浜公園へ。海も美しく眺めも良いのだが、
此処に食べ物片手に降り立つと、上空からトンビが狙ってくる。
食べ物に向かってなりふり構わず急降下してくるから危なくて仕方ない。
海沿いは早々に引き揚げ、遊具のあるエリアで暫くターザンロープ。
陽歌も、優美も、父親も(^^;)。

画像


























4月14日(Mon)
土曜日の新聞記事がずっと気になっていた。
鴻上尚史氏が語っていた、「悩む事と考える事とは違う。」の言葉にハッとしたのだ。
同じ件を思巡するにしても、前者は前に進んでいない。後者は前進への建設的思考だ。
自分は色々考えていたつもりではあったが前進していないのではないかと思い返した。
それでは全く不本意だ。でもこれからは違う。
私は前進させることが出来る。前進させてみせる。

夜は見事な待宵の月であった。
他の日なら主役になるに十分過ぎる程美しい火星だが、
それでも今夜はかぐや姫の黒子に成り下がってしまっている印象だった。



4月15日(Tue)
コシアブラとタラノメの天ぷらが美味かった。春の苦味(^_^)。


此処何日かをかけて、一冊の本を読んだ。本日、読了。
「街を変える小さな店 〜京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。〜」
  /堀部篤史(京阪神Lマガジン社)




やはり京都行きたなった。ただ読前のそれとは少し違う感覚。
確かに六曜社も登場し、村上開新堂も出てて嬉しかった。
寺町の他のお店も知れたし、迷子はあのGOSPELと同所って事も知った。
でも何より、それら店の方の思いを垣間見ることができて、
其処に何をしに行くのかってのが少し変わる気がした。

印象的だったのは、「兎に角安ければよい。」という考え方に歯止めをかけるのは、
経済ではなく文化の力ではないかという考え方。
人は皆、そのバランスを自分なりにとって生きている。
なかなか現実がそれを許さない中で自分のスタンスを決めてるのだから。難しい。
経済力低下が心を荒ませるが豊かな心が金を生む。

そして、この本の影響も、あり、
このところまた140字制限のそのものの定義とそれに対する身の置き方を考えた。
それでやはりまた限界を感じている。。。
そんなこんなで、滞っているblogの方を何とか進めようと思ってはみたのだが、
如何せんすっかりカビが生えたみたいになってる…(TT;)。

で、何より文中で一番響いた言葉は、インターネットの別称。
…「悪魔の機械」
…(^^;)


雲が晴れて、少しだけ望月の影を拝むことが出来た。
此処では赤い月を観ることは出来ないが、「月とマーニ」の一節が頭に浮かんだ。
 
 大切なのは
 君が、照らされていて
 君が、照らしている
 ということなんだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
しつこころなくはなのちるらむ Ordinary Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる